引っ越しのコツ

     引っ越しのコツ

さあ住まいが決まったら続いては引っ越しです。しかし引っ越しは計画的に行わないとあとあと大変面倒くさいことになってきますよね。そこで!ここでは引っ越しの流れやコツを紹介していきたいと思います。

引っ越し前日までのスケジュールを立てよう♪

●引っ越し業者へ依頼する際は早めに予約するようにしましょう。いつ、何時までに来

  て、だいたいでいいですので、何時ごろ終わるのか、終了時間も確認するようにしま

  しょう。土日や祝祭日だと混みぐあいで引っ越しの時間もズレてしまい、予定がくるう

  こともあります。そうならない為にも、引っ越し業者への連絡は早めにとるようおすす

  めします。

●使わないものと使うものをそれぞれ分けるようにしましょう。そうするといらないものは

  処分して必要なものはとっておくなど、片付けもかね、作業を行うことができます。

  また必要ないが捨てるのにはもったいないというものは、リサイクルショップやフリー

  マーケットに出すなどして無駄のないようにしましょう。書類やCDなどは古本屋さんま

  たはゲーム屋さんへ、また家具や電化製品は近くのリサイクルショップへ。しかし使え

  なくなったテレビやエアコンなどは2001年に施行された法律によって、リサイクルす

  る際はリサイクル料金を支払わなくてはなりません。そのため処分する際は所定のリ

  サイクルショップへ確認をとるようお願いします。

●住民票の転居届けや郵便局への転居届け、また電気やガス、水道や電話会社への

  転移連絡等などは1〜2週間まえには行うようにしましょう。

荷づくり作業のコツ

荷づくりのアイテムとして『ダンボール(大・中)』 『ガムテープ』 『ひも』 『マジック(油性)』 『新聞紙』を用意しましょう。

そして今使う食器や書類などを間違って詰めてしまわないように、あらかじめ分けておくようにします。そしたらいよいよ箱詰めです。

・キッチンや寝室など運ぶ場所もあらかじめ分かるよう、ダンボールに記載するようにしましょう。

・本や雑誌などは1つにまとめると楽ですが、運ぶ際重たくなってしまうので、なるべく小さめの箱に詰めるようにしましょう。

・食器などの割れ物は、それぞれ新聞紙やチラシなどに包み、隙間を埋めるようにしてつめていきましょう。

またそのダンボールには『割れ物注意』と記載するようにしましょう。

・冷蔵庫の中身などは腐ってしまわないようチルドパックなどの冷気をにがさないものを使用しましょう。

洋服などの衣類は夏物と冬物でわけ、つかわないものはそのまま押入れに入れられるようにしときましょう。そうすると片付けも楽になります。

・洗濯機などのホースは外して、ネジはしめておきましょう。

・貴重品はダンボールに詰めず、自分で持つようにしましょう。なくなったりすると業者のかたも嫌な思いをします。

・冷蔵庫は引っ越し前日までに空っぽにし、冷凍庫の霜まですべて取るようにしましょう。

・引っ越し当日は感謝の気持ちを込めて、隅々まできちんと掃除するようにしましょう。そのさい忘れ物がないかもチェックもします。

おすすめWEBサイト 5選

2017/5/1 更新

不動産投資情報は"it'my house!"

copyright(c) 2009 it'my house!. all rights reserved.